2017年07月13日

「忙しいとは心を亡くすこと」


日毎、夜毎、何かにせっつかれるように、
一日、一週間、一ヶ月と、あっという間、
時の移ろいに一番戸惑っている。

知らず知らず、
体調が変化しているのがよくわかる。

空いた時間に
何かをしようと思いながら、
気持ちばかり焦って、堂々巡り

「忙しいとは心を亡くすこと」

とてもよくできた言葉の字面

時間に余裕がないと、
心までゆとりがなくなります。

必要もないことに、
あれこれと振り回されたり、

冷静な判断ができないで、
つい横道にそれたりするのも、

忙しいという衣に包まれて、
周りが見えていないだけかも。

あれもしなきゃ、これもしなきゃ、、、
と思う前に、

一呼吸して、深呼吸して、
できるところから、
少しずつ始めていこう。

皆に平等に与えられた
時間は逃げないし、

どのようにしたって、
自然に過ぎていく。

同じ時間が過ぎていくなら、
気の、生の、機の持ちようで、

せめて心を亡くさないで、
自分を亡くさないようにしよう。

そうすれば、日頃見えなかったものが、
何気に見えてくることがあるやもしれないし、
進むべき道もきちんと見えてくる。

新しい朝が始まります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック